YouTubeでiPadやアプリの使い方に関する動画を更新してます、こちらからどうぞ

iPad Air 2022とiPad Pro 2021どっちにする?特徴やスペックの比較

iPad

2022年3月18日に新しいiPad Airが発売されました。

新しいiPad Airの大きな特徴としては最上位のモデルのiPad Proと同じM1チップが搭載されたことがあります。

現状販売されてるiPad Pro 11インチと新しいiPad Airはどの部分で違いがあるか特徴やスペックを比較していきます。

購入の参考になればと思います。

スポンサーリンク

iPad Pro 2021とiPad Air 2022のスペック比較

ipad pro

iPad Pro 2021とiPad Air 2022のスペックの違いについては以下の通りになります。

iPad Pro 2021iPad Air 2022
カラーシルバー
スペースグレイ
スペースグレイ
スターライト
ピンク
パープル
ブルー
容量128GB
256GB
512GB
1TB
2TB
64GB
256GB
サイズ247.6mm
178.5mm
5.9mm
246.7mm
178.5mm
6.1mm
重さWi-Fiモデル:466g
Wi-Fi+セルラー:470g
Wi-Fiモデル:461g
Wi-Fi+セルラー:462g
ディスプレイ11インチ
Liquid Retinaディスプレイ
ProMotionテクノロジー
10.9インチ
Liquid Retinaディスプレイ
チップM1
8コアCPU
8コアGPU
16コアNeural Engine
8GB RAM:128GB、256GB、512GB
16GB RAM:1TB、2TB
M1
8コアCPU
8コアGPU
8GB RAM
カメラ広角:12MP f1.8
超広角:10MP f2.4
2倍の光学ズームアウト
最大5倍デジタルズーム
12MP広角カメラ f1.8
最大5倍デジタルズーム
ビデオ撮影4K60fps4K60fps
Facetime HD12MP超広角フロントカメラ 122°視野角
センターフレーム
TrueDepthカメラ12MP超広角フロントカメラ 122°視野角
センターフレーム
アニ文字とミー文字
スピーカー4スピーカーオーティオステレオスピーカー
マイク5つのスタジオ品質マイクデュアルマイク
ワイヤレス通信方式Wi-Fi 6
Bluetooth 5.0テクノロジー
Wi-Fi 6
Bluetooth 5.0テクノロジー
SIMカードnano-SIM
eSIM
nano-SIM
eSIM
センサーFace ID
LiDARスキャナ
3軸ジャイロ
加速度センサー
気圧計
環境光センサー
Touch ID
3軸ジャイロ
加速度センサー
気圧計
環境光センサー
充電と拡張性Thunderbolt / USB 4:
充電
DisplayPort
Thounderbolt 3(最大40Gb/s)
USB 4(最大40Gb/s)
USB 3.1 Gen 2(最大10Gb/s)
USB-Cポート:
充電
DisplayPort
USB 3.1 Gen 2(最大10Gb/s)
ディスプレイサポート1台の外部ディスプレイで最大6K解像度、60Hzをサポート1台の外部ディスプレイで最大6K解像度、60Hzをサポート

チップは同じM1チップになります。

同じiPadなのでできることや操作に関しては同じです。

iPad ProとiPad Airの値段比較

iPad ProとiPad Airの値段比較
値段比較

値段に関して、同じ256GBでは近い値段で約Apple Pencil1本分の値段の違いになってます。

iPad Proはストレージが豊富でストレージによってRAMが変わります。

購入に気になる特徴

iPad ProとiPad Airの特徴比較
iPad ProとiPad Airの特徴比較

似たようなスペックですがそれぞれで違う特徴的な部分があります。

購入の際に気になる部分としては、カラーやストレージ、認証等があるかと思います。

あと、スピーカーやマイクにも違いがあります。

どんな人がiPad Pro11インチがおすすめか?

クリエイティブにiPadを使いたいという方にはiPad Pro11インチがおすすめです。

iPad Pro11インチは幅広いストレージから選択できてポートもThunderboltになります。

iPadで動画編集をする際にはストレージが大きいと便利でThunderboltで外部ストレージとのデータ転送も快適です。

イラストを描く方なら1TB以上で16GB RAMを選択するとたくさんのレイヤー数を扱うことができます。

どんな人がiPad Airがおすすめか?

カラーバリエーションを選びたい、ちょっとクリエイティブに使いたい方ならiPad Airがおすすめ

iPad Airはストレージは2種類ですが選択できるカラーが豊富です。

できることはiPad Proと一緒でストレージが256GBで8GBですが動画編集も十分できるのでクリエイティブに使うことも可能です。

この辺りはiPad Proと非常に似てることもあってかどっちがいいかはっきりというのが難しいところです。

Touch IDかFace IDか

iPad ProかiPad Airを選ぶ際にTouch IDかFace IDで選ぶのもいいかと思います。

私はiPad Pro12.9インチとiPad mini 6を使っててTouch IDとFace IDの両方をつかってますが、個人的にはiPadは室内で使用することが多いのでFace IDが使える方が快適にロックの解除ができます。

個人的なおすすめはiPad Pro

個人的にはiPad Proがおすすめと感じてます

新しく発表された新製品ということで新しいiPad Airはすごく魅力的に感じますが、より快適に使えるのはiPad Proに思います。

動画を視聴したりゲームをするなどのコンテンツ消費で使う目的でも、Promotionテクノロジーや4スピーカーで使用体験が変わってくる印象です。

そして、クリエイティブの用途として使う場合でもiPad Proなら16GB RAMの選択ができることやThunderboltで外部ストレージとのデータ転送も快適です。

あと、すごく個人的なことですがカラーはシルバーが一番いいように思うこともありiPad Airではシルバーがないこともあります。

最後に

iPad Pro 2021とiPad Air 2022のスペックの違いになりますが、正直どっちがいいとはっきりいうのは難しい感じです。

できることも一緒なので好きな方を選ぶのが一番かと思います。

この記事を書いた人
satoshi

iPadが好き。satoshiです。
Apple製品、主にiPadやアプリの情報を発信しています。

2010年の初代iPadから使っています

現在、iPad Pro 2021 12.9インチをメイン機で使用。
iPad Proで動画編集やイラスト制作、ブログ(WordPress)更新、音楽制作をしてます。
具体的な使い方などYoutubeで動画投稿してます。

satoshiをフォローする
App Store & iTunesカードをお得に購入

アプリ購入するなら
楽天のApp Store & iTunes 認定店で
iTuneカードを購入すると少しお得に購入することができます。

iPad
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
satoshiとiPad Pro

コメント

タイトルとURLをコピーしました