YouTubeでiPadやアプリの使い方に関する動画を更新してます、こちらからどうぞ

iPad Pro 2020(第4世代)の開封レビュー。使用してわかったこと

iPad

iPad Pro 2020(第4世代)を購入しました。iPad Pro 2018(第3世代)からの買い替えになります。
以前のモデルとほとんど変わっていないのではと言われているiPad Pro 2020(第4世代)ですが、実際に使ってみた体感でどれぐらい変わったのかわかったことを紹介していこうと思います。

本日は、iPad Pro 2020(第4世代)の開封レビューと実際に使用してわかったことを紹介します。

iPad Pro 2020(第4世代)に買い換えた理由

今回、私がiPad Pro 2020(第4世代)に買い替えた理由としてはストレージを1Tにしたかったということが主にあります。iPad Pro 2018(第3世代)は256GBで4K動画を編集したりブログのアイキャッチを作成しているうちにストレージがすぐなくなり整理が必要ということが多々ありました。

iPad Proで作業するならストレージは多い方がいいと感じ始めて今回新型が発売されたので買い替えです。

iPad Proでコンテンツの消費ではなく、何かを作る(動画編集やイラスト作成、音楽作成)をするなら個人的には、iPad Pro 12.9インチ 1Tがおすすめです。

今回、初めて1Tに変更して使用し始めましたがストレージの余裕さに安心感があります。

iPad Pro 2020(第4世代)の内容物

iPad Pro 2020(第4世代)の内容物は以下の通りです。

  • 本体
  • USB-Cケーブル
  • 電源アダプタ
  • ステッカー等の紙

本体に関しては、正面からはほとんど同じです。背面のカメラの部分が以前と違うところ。
iPad Pro 2020(第4世代)に関しての特徴は以下の記事をご覧ください。

背面のカメラの部分の比較

iPad Pro 2020(第4世代)からはカメラが2つにLiDARスキャナが搭載されています。
iPhone11のようなカメラの外観です。2018年モデルと比べるとカメラ周りは大きくなりました。

そのほかの内容物はいつもと同じです。

iPad Pro 2020(第4世代)の使用感

iPad Pro 2020をLumafusionを使って2018年モデルと比較レビュー

iPad Pro 2020(第4世代)をLumafusionを使用して2018年モデルと比べて見ました。
動画内でもわかるように編集画面での確認の再生でトランジションの部分でカクツキが起こります。
2018年モデルでも起こっていましたが、2020年モデルでも同じような感じになります。ちなみに、使用している動画素材は4Kで撮影した動画です。

変わっている部分として、はっきりとわかるのがマイクの部分になります。
2020年モデルのマイクは2018年モデルよりも性能が良くなっています。

iPad Pro 2020(第4世代)に関して、2018年モデルよりも進化している点がありますがそこまで大きな進化を感じないという印象です。

iPad Pro 2020(第4世代)のカメラ

iPad Pro 2020(第4世代)で撮影してみました。iPad Proで今まで写真を撮影したことがほとんどないので軽く試してみたという感じです。

カメラアプリ、×1で撮影

カメラアプリ、×0.5で撮影

カメラとしては悪くもないし良くもないかなっという感じです。
レビュー等で撮影するカメラはミラーレスカメラを使っていますがそれと比べるとまだまだです。

iPad Pro2020(第4世代)で計測してみた

iPad Proの計測アプリを使用して物の長さを測定してみました。

純正のアップルのマルチポートアダプタで計測してみました。
縦と横で5cmと表示されているのですが、実際のところは5cm×5.8cmになります。

まだ完璧という感じではないですが、おおよその長さは捉えることができています。

iPad Pro 2020(第4世代)の総合的評価

私の感じるiPad Pro 2020(第4世代)の印象は、ちょっとの進化という感じです。

カメラやLiDARスキャナの進化はありますが今までのiPad Proの使用で一度も使ったことのない部分なのでそこが進化しても大きく喜べないというところがあります。使わない機能の進化という感じです。

マイクに関しても私は外部マイクを使うのでそこまで大きな感動もありません。
個人的には、Lumafusionの操作でカクツキなく再生ができるというような進化が欲しかったというところです。

今後スペックアップして、Lumafusionが快適に動くことやAppleから Final Cut ProのiPadOS版が出ることを期待したいところです。

まとめ

iPad Pro 2020(第4世代)の開封とレビューです。全体的な大きな進化はありませんが、部分的に進化しているという感じです。
現状、年末にiPad Proの新型で5G対応でA14(仮)のチップ搭載が登場するという噂がありますが、そちらを待つという方が多いのではないでしょうか、欲しい時が買い時です。

今後もiPad Proでできることが増えそうなので期待して使い続けたいと思います。

YouTubeでiPadを使ってできる動画を更新中

【買いなの?】新しいiPad ProとMagic Keyboardの特徴や自分の所感、購入すべきかをサクッと話す

YouTubeでiPadの便利なアプリや使い方などを紹介しています。
動画編集のアイデアやブログのアイキャッチ制作の参考にしていただけると嬉しいです。

高評価・チャンネル登録やコメントをよろしくお願いします。
動画更新の大きなモチベーションになってます。

私のチャンネルはこちらからご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました