YouTubeでiPadやアプリの使い方に関する動画を更新してます、こちらからどうぞ

iPhone SE(第2世代)に合うガラスフィルムとケース購入!選ぶポイントを紹介

iPhone

iPhone SE(第2世代)にガラスフィルムとケースを購入。今回、iPhone SEが手元の届く前にガラスフィルムとケースを購入しました。
ですが、手元に届く前日にガラスフィルムによってはiPhone SEに取り付けるとフィルムの端に浮きが出るという情報が多数出てきて、iPhone SEが届きガラスフィルムを取り付けてみたところやはり端が浮いてしまいました。

ということで、再度iPhone SE専用と記載のあるガラスフィルムを購入し取り付けたところしっかりと取り付けることができたので紹介します。

簡単に端の浮かないiPhone SE2020専用のガラスフィルムの紹介です。

この記事から得られる情報
  • iPhone SE(第2世代)に合うガラスフィルム
  • iPhone SE(第2世代)のガラスフィルムの選び方
  • iPhone SE(第2世代)の保護ケース

iPhone SE(第2世代)に合うガラスフィルム

iPhone SE(第2世代)に合うDeffのガラスフィルム

Deffのガラスフィルム
iPhone SE対応のガラスフィルムで、こちらを取り付けたところフィルムの端が浮くことがなくしっかりと取り付けることができました。

TOUGH GLASS 3Dとハイグレードガラスの2種類あり、それぞれ透明タイプ、ブルーライトカットタイプやマットタイプがあります。

私が購入したものは、ハイグレードガラスの透明タイプになります。

TOUGH GLASS 3Dの透明タイプ

Deffのガラスフィルムの内容物

iPhone SE(第2世代)に合うDeffのガラスフィルムの内容物

内容物は以下の通りです。

  • ガラスフィルム
  • クリーナー
  • ウェットクリーナー
  • ホコリ取りシール

iPhone SE(第2世代)に取り付けのイメージ

iPhone SE(第2世代)に合うDeffのガラスフィルム取り付けイメージ

DeffのガラスフィルムをiPhone SE(第2世代)に貼り付けてみたところフィルムの端の浮きはなくピッタリという印象です。表示画面ギリギリにフィルムの端がくるような感じがあります。iPhone SE(第2世代)に合うガラスフィルムです。

Deffのガラスフィルムの貼り付けに関して

iPhone SE(第2世代)に合うDeffのガラスフィルムの取り付け

Deffのガラスフィルムは貼り付けが難しかったです。ガイドないので貼り位置調整が特に難しく貼り付け直ししづらいことがあります。また貼り付けた際に小さい気泡が多数あり、押し付けても消えない気泡が多数できたことや貼り直して気泡を消す作業が大変。

一度、貼り付けてから貼り直しをしようとガラスフィルムをめくると跡がついてしまいました。

iPhone SE(第2世代)に合うDeffのガラスフィルムの取り付け

貼り付けてから貼り直しの修正が難しいことがあります。ここはガイド付属で1回で綺麗に取り付けることができたらとてもいいかと感じます。

iPhone SE(第2世代)のガラスフィルムの選び方

iPhone SE(第2世代)に合うDeffのガラスフィルム

iPhone SE(第2世代)はiPhone7、8と全く一緒ではないので、ガラスフィルムを選ぶ際はiPhone SE専用と記載や実装の確認のあるガラスフィルムを選択する方がいいです。

iPhone SE発売前にSE対応と表記のあるフィルムを購入したところ両端に浮きがありました。(現状、発売前に購入したガラスフィルムの販売ページからはiPhone SEの表記が消えています。)

iPhone SE(第2世代)のフィルム端の浮き

また、ガラスフィルムを選ぶ際には実際に取り付けた方のレビューの参考をして購入するのがいいかと思います。私はDeffのガラスフィルムの購入をしましたが、iPhone SE用という記載と実機装着確認済みという記載で購入をしました。取り付けて浮きがなくピッタリでした。

iPhone SE(第2世代)に購入したケース

iPhone SE(第2世代)のSpigenのケース

Spigenのケース
Spigenのクリアケースで背面と側面が透明のケースになります。側面はTPU素材で柔らかく背面はポリカーボネートで硬いです。クリア以外にレッド、ブラック、ミント、ローズクリスタルのカラーがあります。

私が購入したのはクリアになります。

このケースの購入理由としてはクリアで強度のあることやワイヤレス充電が可能なケースということで購入。

Spigenのケースの装着感

iPhone SE(第2世代)のSpigenのケース

ケースに関してはiPhone7や8対応のものでもiPhone SEでもサイズ感が一緒という感じです。
ボタン位置やライトニングポート、スピーカーの部分もズレがありません。

ケースをつけたままワイヤレス充電器に乗せてもしっかりと充電することができます。

iPhone SE(第2世代)のSpigenのケースをつけてワイヤレス充電

今回は透明のケースを購入しました。購入して思ったのですが、透明の側面は将来的に黄ばみが出てくるのではないかと。iPhone SEがブラックなので側面がブラックのケースでもよかったかと感じます。

最後に

iPhone SE(第2世代)のガラスフィルムに関して取り付けた際フィルムの端が浮いてしまうこともあるので、iPhone SEに対応したガラスフィルムを選ぶ必要があります。私が購入したDeffのガラスフィルムは浮きが出ずに貼れています。

また、ケースに関しては特にサイズでの違いはないようなのでiPhone7や8に対応するものでも問題はないかと思います。自分の好みのケースを選んで使用が可能です。

iPhone SE(第2世代)は値段も安く購入しやすいのでおそらくですがたくさん売れる端末かと思います。ガラスフィルムを購入する方も増えるかもしてません、適切なフィルム選びの参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました