YouTubeでiPadやアプリの使い方に関する動画を更新してます、こちらからどうぞ

M1チップ搭載のiPad Proをポチる!12.9インチ1TBの魅力

iPad

AppleのイベントでM1チップ搭載のiPad Proが発表されて4月30日21時から予約が開始されました。今回予約したM1チップ搭載のiPad Proの魅力に関して記載していく。

M1チップ搭載iPad Proの予約体験

今回のM1チップ搭載のiPad Proの予約ですが、4月30日21時から予約が開始。なので21時前からAppleのサイトを開いて待機。

21時の予約開始と同時にAppleのストアからサイズ、仕上げ(カラー)、ストレージ、WiFiモデルか+セルラーモデルか、刻印の有無を選択して購入の手続きを進めようとすると、

『バッグに商品がありません』の表示が出て予約ができない。これを繰り返しているうちに10分経過。

M1チップ搭載iPad Proの予約

で、バッグに入るような状態になるとお届け予定日が2021/06/03 – 2021/06/17に。また『バックに商品がありません』が続くことと発売日と同時に手元に届くのは難しそうなので、急遽ヨドバシカメラにて予約しました。

ヨドバシカメラで予約できたのは21時10分ごろ。

私はAppleのサイトで『バッグに商品がありません』のループが続いていましたが、Twitterにはすぐに予約できている人もいるようです。どうやらApple Storeのアプリからではさっと予約できたようです。

今回はおそらく発売日には手元には届かなそうな予感です。ヨドバシカメラで予約しましたが、お届け予定日はわからないのが不安。Appleではお届け予定日の記載があるのでいつ来るのかある程度わかるので安心感があります。

唯一ヨドバシカメラでの予約で良かったと感じるのはポイントが1%つくところ。

色々とありましたが予約は完了。

今回のM1チップ搭載iPad Proの魅力な部分

M1チップ搭載iPad Pro
出典:https://www.apple.com/jp/ipad-pro/

今回の魅力的な部分はディスプレイとメモリかと思います。

12.9インチのディスプレイはLiquid Retina XDR

M1チップのiPad Proから画面サイズでディスプレイが違うということやストレージによってメモリが違うということがあります。

  • 11インチ:Liquid Retina
  • 12.9インチ:Liquid Retina XDR

11インチはLiquid Retinaで以前のモデルと同じディスプレイ。12.9インチはLiquid Retina XDRでミニLEDを搭載したディスプレイになります。

1TB以上のストレージでメモリ16GB

今回からストレージによってメモリが違っています。ちなみに以前のiPad Pro 2020年モデルは6GBになります。今回は8GBか16GB、ストレージによって違います。

  • 128GB:8GB
  • 256GB:8GB
  • 512GB:8GB
  • 1TB:16GB
  • 2TB:16GB

128GBから512GBはメモリ8GBで、1TB以上は16GBになります。

M1チップ搭載のMacBook AirやPro、Mac miniはストレージとメモリの選択ができましたが、今回のiPad Proではメモリの選択はできず16GBを選びたい場合は1TB以上の選択が必要になります。

iPad Pro12.9インチの1TBを選んだ

iPad Pro

今回予約したiPad Proは12.9インチの1TBです。おそらくですが今回この構成が一番売れているのではないでしょうか。Appleのサイトでお届け日を確認してもこれが一番遅くなっていました。

iPad Proは2018年モデルから12.9インチを選択しているので今回も12.9インチを選択。作業スペースは大きい方が作業がしやすいです。

ディスプレイのLiquid Retina XDRで選んだというよりも使い慣れているディスプレイという感じで12.9インチを選択しています。

iPad Pro

1TBを選択したのはメモリ16GBを選択したかったことがあります。16GBも必要かどうかはまだわかりませんが、今後16GBの方が良かったかもっと後悔したくないので16GBを選択。

現状、iPad Pro 2020年モデルを使って動画編集も十分にできています。
iPad Pro 2020年モデルはメモリ6GBで動画編集では4K動画(α6400で記録方式をXAVC S 4K、記録設定を30p 100M)を編集しています。

現状から考えると8GBでも十分かと思いましたが、メモリの変更は途中でできないので最大の16GB。

M1 Macのようにメモリの選択ができると良かったと感じます。メモリの選択ができたなら512GBで16GBにしてました。正直、ストレージ1TBもいらない。

今回はヨドバシカメラで予約

予約に関してですが、今回はヨドバシカメラで予約。

Appleのサイトでは『バッグに商品がありません』のループになっていたこととお届け予定日が2021/06/03 – 2021/06/17になっていたことがあったので予約はしませんでした。

今回で学びました、Apple Storeのアプリからなら予約がスムーズということ。

正直ヨドバシカメラで予約したのは正解かどうがはわかりません。現状、手元に届くのは6月中かなっと期待せずに考えています。もしかしたらもっと遅いかもしれませんが。

予約時刻にAmazonも覗いてみましたが、私がみた時はAmazonは予約開始時ページがしっかりできていないという状態。また一部のストレージしか選択できないような状態でした。現状はページが整っているようです。

最後に

M1チップ搭載のiPad Proの予約と予約したモデルの魅力の部分になります。今回の予約体験は『バッグに商品がありません』のループを味わい、Apple Storeのアプリからがスムーズに予約できるということを知りました。

今回のM1チップ搭載のiPad Proは前モデルよりもはっきりとした進化を感じます。またアプリもM1チップ搭載のiPad Proに向けての進化も期待できます。動画編集ソフトのLumafusionはアップデートの発表もしています。そしてWWDCにてiPad Proに対応する新しいアプリなんかも期待です。

早く手元に届いて欲しい。

iPad
スポンサーリンク
satoshiとiPad Pro

コメント

タイトルとURLをコピーしました