YouTubeでiPadやアプリの使い方に関する動画を更新してます、こちらからどうぞ

iPad好きがAppleシリコン『M1』搭載のMac miniを購入した理由

Apple

2020年11月17日、Appleシリコン『M1』搭載のMacを発表と同時に予約注文された方々の手元にMacが届き始めてそのレビューがどんどん出てきています。

実際に他の方々のレビューを見て購入を考えていた私にとってはとてもありがたいレビューがたくさん。そしてM1搭載のMacを購入しました。

本日は、iPad Proをメイン機に使う私がAppleシリコン『M1』搭載のMac miniを購入したその理由について記載していきます。

Appleシリコン『M1』搭載Macのレビューを見て購入

各々のレビューによるとMacBook Airの8GBユニファイドメモリでも4K動画を編集できて動作も快適という情報が出てきています。M1搭載Macは動作してから熱をあまり持たないというレビューも多くみられ電力の消費等も効率化が図られているようです。
どのレビューを見ても賞賛が多いかという印象です。

さまざまなレビューを読ませていただき購入を決意。即Appleのサイトから注文しました。
購入したのは、『Mac mini 16GBユニファイドメモリ 512GB』

Mac miniに決めた理由としては、持ち運びにはiPad ProやiPad miniがあるのでMac miniを購入。

メモリを16GBにしてストレージは512GBにしました。Macを購入する際はメモリは増やしておく方がいいと誰かが言っていたので増やしましたが、今回に関しては8GBでも十分という意見もあります。

ストレージに関しては512GB、外部ストレージの使用を考えています。256GBに関しては作業するには少ないかと感じたので512GBにしました。iPad Proで256GBを使っていた際にはストレージが少なく不要なデータの削除作業が手間でした。

2020年11月17日に注文して12月4日〜15日に届く予定になっています。
現在のステータスに変更があり、12月2日に届く予定になりました。

M1搭載Macの購入について

久しぶりに新しくMacを購入したのですが(2010年以来)、ヨドバシやAmazon、楽天で購入するとポイント還元があるんですね。昔はAppleの製品の購入にはポイントが付かなかった気がします。

メモリ等のカスタマイズしたものはAppleのオンラインでしか購入できないようですが、最小構成のモデルは他でも購入できるようで、Amazon等ポイントがつくのでお得に購入できるかと思います。

メモリをアップさせたりカスタムする場合はAppleのストアで購入する必要があります。

MacBook Airの最小構成のM1チップですが8コアCPUに7コアGPUになっています。
他のM1チップに関しては8コアCPUに8コアGPUになっています。

iPad Proをメイン機に使う私がMac miniを購入した理由

普段iPad Proをメインに使用しており、動画編集、イラスト、写真の加工、ブログ更新、データの入力作業などに使用しています。iPad Proはほぼ全てのことができるので全てをやっています。主にiPad Proをメイン機に使用している私ですが今回M1搭載のMac miniを購入しました。

今回、Mac miniを購入した大きな理由としては、
手元にあるMacがもう限界だからということとタッチ操作とキーボード操作を分けるために購入しました。主な購入した理由は後者です。

iPad Proを使っていて作業ごとに操作を切り替えるということが面倒と感じその部分を解決したいと思ったことがあります。具体的に何が面倒かというと、作業ごとでタッチ操作の状態とキーボード操作の状態の切り替えが面倒。

タッチ操作は上にある写真のように机に平置きにしてApple Pencilでタッチしながら作業をしています。タッチ操作では動画編集やイラスト作成、写真の加工をしています。

キーボード操作でiPad Proをスタンドに乗せてキーボードとトラックパッドを用意してラップトップのような形にして使用しています。以下のような感じです。
キーボードを使用する操作では主に文章入力(ブログの更新やデータの管理・入力)に使用。

それぞれの作業をする際にはiPadを平置きにしたり、スタンドに乗せたりと移動させるという操作の切り替えの手間があります。これが今思うとかなり面倒なことをしています。

今回M1搭載のMacの購入を考えたときに、Mac miniではキーボード操作の作業、iPad Proではタッチ操作の作業と分けることができると思いました。
操作を分けることで切り替えるという手間がなくなりiPad Proではタッチ操作の作業に集中することができると思います。

今までの頭の中ではiPad Proでなんでもできるしこれでいい!っと思っていたのですが、Macの購入を考えたときにタッチ操作からキーボード操作の切り替えって効率悪いかもと思い始めて、Mac miniを購入した今はiPad Proはタッチ操作に集中すべきでは?っという思いになっています。

iPad Proはなんでもできるけども何をするか取捨選択が必要で、iPad Proはタッチ操作に特化させた使い方がいいかと思います。

Mac miniを購入した今後は、iPad Proではタッチ操作(動画編集、イラスト作成、写真加工)の使い方をして、Mac miniではキーボード操作(ブログ更新、データ管理・入力)の使い方と作業を分けると思います。

またiPad ProユーザーとしてM1搭載MacとiPadとの連携で今後何ができて何が快適にになるのかというところが気になったのも購入理由になります。
タッチ操作のiOSのアプリがMacで動くからどうなの?っという疑問以上に使いやすくなる何かがあると信じたい。この辺りは実際に触ってみて確かめたいところです。

最後に

いろんなレビューを拝見させていただき今回のM1搭載Macは期待できるかと個人的にお思っています。まだ発売し手間もないので不具合等はあるかと思います。手元に届いた際にはレビューしたいと思います。

iPad Proユーザーとして、M1搭載MacとiPadとの連携で何ができて何が快適にになるのか実際に触ってみて色々と体験したいところです。

Apple
スポンサーリンク
satoshiとiPad Pro

コメント

タイトルとURLをコピーしました