Amazonの63時間タイムセール!9月25日〜27日まで詳細はこちらから

iPhoneの外付けマイクに『RODE VideoMicro』!使い方と接続の注意点

iPhone

iPhoneで動画撮影により良い音を求めて外付けマイク『RODE VideoMicro』を購入。このRODEのマイクは手頃な値段で定評がありよくYouTuberや多くの方が利用されています。

実際に購入して気づいた使用感や気づいた点について記載していきます。

本日は、iPhoneの外付けマイクに『RODE VideoMidro』の使用に際しての注意点を紹介します。

iPhoneの外付けマイクにRODE VideoMicro

RODE VideoMicro

RODE VideoMicro
RODEの小型で軽量のカメラマイクです。コンデンサーマイクでミラーレスカメラなどに取り付けてクリアな音を録音することができます。今回はこのマイクをiPhoneの外付けマイクとして使用します。

RODE VideoMicroの内容物・特徴

RODE VideoMicroの内容物は以下の通り。

RODE VideoMicroの内容物
  • マイク本体
  • ショックマウント
  • ケーブル
  • 風防
  • クイックガイド

マイク本体、サイズは8cmで直径が約2cmほどになります。ショックマウントを取り付けて付属のケーブルを接続。

RODE VideoMicro

風防に関しては別途スポンジタイプのものを購入。

付属の風防ではサイズが大きく重さもあり取り付けた際にはマイクが垂れ下がるような形になります。画面への映り込みやマイクの揺れが大きくなるので別途小型のスポンジを購入しました。

RODE VideoMicroとスポンジ風防

iPhoneでRODE VideoMicro使用に必要なもの

RODE VideoMicroに接続するiPhone用ケーブル

iPhoneでこのマイク使用する際はヘッドフォンジャックアダプタとマイク端子が4極のものを使用する必要があります。

ヘッドフォンジャックアダプタと4極のケーブルを購入しました。

注意したいこととしてはRODE付属のケーブルは3極でiPhoneではマイクとして正常に動作しません。

RODE VideoMicroをiPhoneで使用するのに必要なもの
  • ヘッドフォンジャックアダプタ
  • 4極のミニジャック(または3極から4極へ変換するアダプタ)
  • その他アクセサリー

Appleのヘッドフォンジャックアダプタ。ライトニングポートに接続するためのアダプタです。

RODE VideoMicroにiPhoneを接続するヘッドフォンジャック

ヘッドフォンジャックアダプタはセブンイレブンでも購入できます。

4極のミニジャックの使用。
RODEからSC7というケーブルが出ています。また3極から4極に変換はSC4になります。

4極と3極はマイクのケーブルの先のラインが3つか2つかで違いがわかります。RODE付属のケーブルには線が2つで3極のミニプラグです。iPhoneに接続する外部マイクの端子は4極のミニプラグが必要。

ここの画像にある4極のミニプラグは別途購入した外部マイクに付属していたケーブルを使用しています。

RODE VideoMicroの4極のミニジャック

RODEからはiPhoneに接続するタイプのマイク『RODE Microphones VideoMic Me-L』があります。

こちらの商品の方が合わせて購入するものが少ないのですが、このマイクにしなかった理由としてはiPhoneとの接続部分が折れる心配なことやVideoMicroならミラーレスカメラでも使える汎用性があるので購入しませんでした。

iPhoneの外部マイクに『RODE VideoMicro』の使い方

RODE VideoMicroとiPhoneの撮影用セット

スマートフォンの三脚用アダプターやミニ三脚があると卓上に置くことができます。Vlog用途で使用することもできます。

コンパクトで卓上においてのビデオ会議などにも最適かと感じます。

iPhoneを取り付けるアダプターとしては、RODEのマイクを取り付けるコールドシュー付きのものがあると便利です。

iPhoneの内蔵マイクと外付けマイクで音の比較

iPhone SE 第2世代 2020年モデルの内蔵マイクと外付けマイク『RODE VideoMicro』で録音し音の比較をしてみました。使用しているアプリはビデオアプリになります。

実際に聴き比べてはっきりとわかると思うのですが、外付けマイク『RODE VideoMicro』を使用した方がクリアな音が録音できていると感じます。ノイズが少ないです。

ちなみにiPad Proの内蔵マイクと外付けマイクでの比較も録音してみました。

内蔵マイクよりも外付けマイクを接続した方がクリアに録音できています。iPad Proでの外付けマイクとして使用するにも十分かと感じます。(iPad Proと接続するならUSB-Cのヘッドフォンアダプタが必要です)

録音した音は以下の動画から確認できます。

最後に

iPhoneで動画撮影をする際に良い音で撮りたいなら外付けマイク『RODE VideoMicro』の使用がおすすめです。内蔵マイクよりもクリアな音を録音できます。

音に関しては、通話や動画撮影でもクリアな音の方が聴きやすいです。こだわってみてもいい部分だと思います。

このような外付けマイクを接続するだけで変わる部分もあるのでクオリティーを求める方にはこのRODE VideoMicroはおすすめ。色々なカメラマイクの音を聞きましたが、私はこのマイクの音が一番いいように感じます。値段も手頃なのでぜひ。

この記事を書いた人
satoshi

iPadが好き。satoshiです。
ここではApple製品、主にiPadやアプリに関しての情報を発信しています。

2010年の初代iPadから使っています。
現在、iPad Pro 2021 12.9インチをメイン機で使用。
iPad Proで動画編集やイラスト制作、ブログ(WordPress)更新、音楽制作をしています。
具体的な使い方などはYoutubeで動画にしています。
YouTubeチャンネル登録お願いします。

satoshiをフォローする
App Store & iTunesカードをお得に購入

アプリ購入するなら
楽天のApp Store & iTunes 認定店で
iTuneカードを購入すると少しお得に購入することができます。

iPhone
スポンサーリンク
satoshiとiPad Pro

コメント

タイトルとURLをコピーしました