YouTubeでiPadやアプリの使い方に関する動画を更新してます、こちらからどうぞ

iPad Proの外付けマイクにAT2020 USB+!設定や使用の注意点を紹介

iPadのアクセサリー

iPad Proをメイン機に使用しておりYouTubeの動画や通話などクリアな音で録音したいという思いが強くなり外付けのマイクの購入を検討。

色々と調べてオーディオテクニカのAT2020USB+の音に惚れてiPad Proの外付けマイクとして購入しました。

本日は、オーディオテクニカのAT2020USB+をレビュー。そして、iPad Proに接続してみた結果を紹介します。

AT2020USB+をiPad Proの外部マイクに購入した理由

オーディオテクニカのAT2020 USB+

いろんなマイクを聞き比べた結果、私にはAT2020USB+が一番クリアに聞こえたから購入。

初心者ですが、音楽や動画の制作にクリアな音声で録音したいということからマイク探しを始めて、最初はマイクを買う際によく初心者にオススメと記載のあった格安マイクでいいかと思っていましたが、しっかりしたマイクを検討。

外付けマイクで検討したマイク

購入検討したマイクの候補は以下のコンデンサーマイクになります。

  • オーディオテクニカ AT2020USB+
  • マランツプロ MPM1000U
  • Blue Microphones Yeti USBマイク

色々なYouTubeの動画をみた結果、オーディオテクニカの『AT2020 USB+』が私には一番クリアに聞こえました。

値段で見るとマランツプロのMPM1000Uが他に比べて安くてよかったのですが、あとちょっと何か欲しい・足りないっというような音に感じがしました。

一番迷ったのはBlue Microphones Yeti USBマイクでしたが、AT2020 USB+に比べると私には若干こもって聞こえました。ほとんど僅差という感じ。マイク自体のデザインはYeti USBマイクの方がすごく好みです。

AT2020 USB+は、WindowsとMacに対応でiOSに対応しているとの記載はないのですが、iPadで動作させている動画があるので購入。最悪の場合動かなくてもパソコンで動けば十分となので購入を決めました。

追記:
ダイナミックマイクの購入を考えているならこのATR2100x USBが値段も手頃で良い音を録音できます。詳細は以下の記事をご覧ください。
iPad Proの外部マイクに『ATR2100x USB』USB-C接続できるマイク

オーディオテクニカのコンデンサーマイク AT2020 USB+

オーディオテクニカのAT2020 USB+の内容物

オーディオテクニカのAT2020 USB+
USB接続で使用することができるコンデンサーマイクです。
オーディオインターフェース不要でパソコンに直接接続して使用できます。

内容物は、以下の通りです。

  • マイク本体
  • マイクスタンド
  • ケーブル
  • 収納ケース
  • 取扱説明書
  • 保証書

開封してみるとマイクがスポンジに包まれて入っていました。
コンデンサーマイクは湿気や衝撃に弱いようで衝撃を受けないような梱包になってるようです。

オーディオテクニカのAT2020 USB+の梱包

AT2020 USB+本体

マイク本体にはヘッドホンジャック。自分の音声を確認することができます。

オーディオテクニカのAT2020 USB+のヘッドホンジャック

マイクとパソコンの音をモニターすることができます。

オーディオテクニカのAT2020 USB+のモニター

USB type Bの接続

オーディオテクニカのAT2020 USB+のケーブル接続部分

マイクスタンド

脚はしっかりとした感じでぐらつきは全くありません。
マイクの角度も調節することが可能です。

オーディオテクニカのAT2020 USB+のスタンド

AT2020 USB+に使用するポップガード

ポップガード

マイクにあわせてポップガードも購入。
ポップガードは「ぱぴぷぺぽ」と口で発する時に風がマイクに当たるのを防ぐために使用するようです。手を口元に近づけて「ぱぴぷぺぽ」と発声すると風が手にあたります。
マイクとのセットでの購入がいいかと思います。

裏面はゴムで止める感じです。
追記:現在はスポンジカバーを使っています。

AT2020 USB+をMacの外付けマイクとして接続

MacBookにオーディオテクニカのAT2020 USB+を接続

MacBookでAT2020 USB+を使って録音してみました。
録音に関してはQuickTime Playerでオーディオで録音しました。

ホワイトノイズも聞こえないクリアではっきりとした音が録音できます。正直かなり満足してます。

接続してから難しい設定もなく簡単にクリアな音を録音することができます。
設定はマイク音量を少し触りました。挿してすぐに使えるという感じです。非常に楽です。

外付けマイクをiPad ProとUSB-C変換アダプタで接続

この外部マイクのAT2020 USB+をiPad Proに接続するにはUSB-Cの変換アダプタが必要です。

説明書を見る限り、WindowsとMacに対応との記載がありiOSに対応しているとの記載はありません。しかし、ネットの記事ではiPadで使用できるっとの記事やiPadでAT2020 USB+で録音する動画が出ています。iPad Proならどうなのかやってみました。

iPad ProにAT2020 USB+を接続した動作感

iPad ProにUSB接続

マイク内部のLEDがつきヘッドホンをつけると自分の声が聞こえます。
接続はできたのですがボイスメモアプリを使用して録音してみたところ、ノイズがのります。

オーディオテクニカのAT2020 USB+をiPad Pro2018に接続

一度、マイクを外しiPad Pro本体の内蔵マイクで録音してみるとほぼ同じ音。これはマイクは刺さって電源は入ってるけど機能していないっという感じです。

何かを改善すればiPad Proでもクリアな音が録音できるかもしれませんが、
iPad ProにAT2020 USB+にサードパーティー製のUSB-C変換アダプタをさしてもクリアな音は録音できない状態です。

このノイズ問題ですが、
サードパーティー製の変換アダプタを使用しているということでApple純正のアダプターを購入して試してみました。

Apple純正アダプターでiPad Proとマイク接続でノイズ問題が解決

純正のアダプターで接続をしてみたところクリアな音を録音することができました。
値段は高いですが純正のアダプターの使用が重要。

このアダプター類はサードパーティー製のもので安くて形の良いものが多数販売されていますが、外部マイク接続時にはアダプターによって音に違いが出る可能性があるということがわかりました。

アダプターを購入しようと考えている方はこの点を気をつけて購入が必要かと思います。
純正なら安心です。

追記:2020.02.23
以下の記事内で音との比較動画も記載しています、ご覧ください。

ちなみにですが、Ankerのアダプタでも綺麗な音を録音することができました。

iPad Proに外付けマイクを接続してからの音量の設定

iPad Proに外付けマイクを接続しての設定に関してですが、録音アプリの方で音量の調整をします。

ここで注意したいのが、アプリによってはマイクの感度・ゲインの調整できるアプリとできないものがあります。使いたいアプリでマイクの音量の設定ができるか確認が必要です。

ボイスレコーダーアプリでマイクの感度を調整できるものを利用することがいいかと思います。

動画編集ソフトのLumafusionではナレーション機能があり、ナレーション機能ではゲインの調整が可能です。

最後に

オーディオテクニカのAT2020 USB+のレビューでした。
パソコンとの接続ではとても簡単にクリアな音を録音することができます。

そして、iPad Proに接続してクリアな音を録音するなら純正のアダプターの使用が必須かと。オーディオテクニカのAT2020 USB+をiPad Proで十分に使えます。

YouTubeでの動画制作や在宅ワーク・テレワークの際にも使えて便利なマイクです。

この記事を書いた人
satoshi

iPadが好き。satoshiです。
ここではApple製品、主にiPadやアプリに関しての情報を発信しています。

2010年の初代iPadから使っています。
現在、iPad Pro 2021 12.9インチをメイン機で使用。
iPad Proで動画編集やイラスト制作、ブログ(WordPress)更新、音楽制作をしています。
具体的な使い方などはYoutubeで動画にしています。
YouTubeチャンネル登録お願いします。

satoshiをフォローする
App Store & iTunesカードをお得に購入

アプリ購入するなら
楽天のApp Store & iTunes 認定店で
iTuneカードを購入すると少しお得に購入することができます。

iPadのアクセサリー
スポンサーリンク
satoshiとiPad Pro

コメント

タイトルとURLをコピーしました