YouTubeでiPadやアプリの使い方に関する動画を更新してます、こちらからどうぞ

iPadで動画編集するおすすめモデル!編集アプリやスペック比較

使い方

iPadは毎年スペックも良くなり今では動画編集をする目的でiPadを使うことができます。

iPadなら直感的な操作で動画の編集をすることができて、パソコンの動画編集ソフトを使用するよりも簡単に編集作業ができます。

iPadで動画編集をするなら気になるスペックですが、現状販売されてるiPadではどのモデルでも快適に動画編集ができます。

本記事では、iPadで動画編集をするならどのモデルがいいかおすすめのモデルの紹介をするとともにiPadのスペックの比較やおすすめの編集アプリを紹介します。

これからiPadで動画編集を始めるという方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

そもそもiPadで動画編集はできるのか?

今はどのiPadでも毎年スペックが良くなり動画編集をすることができます。

SNSやYouTubeに投稿するような動画もiPadを使って編集することができます。

私は、YouTubeで動画投稿をしてますが全ての動画をiPadで編集してます。

4K60の動画素材も止まることなく快適に編集できて、書き出し時間も比較的早く終わります。

動画編集をするならMacBookも検討すべき

iPadで動画編集を目的にiPadを購入する際には、MacBookの検討も考えるべきです。

動画編集以外にもApple Pencilでノートやイラストを書く目的があるとか、iPadOSの操作性が好きでどうしてもiPadでないとダメという理由がない限りは動画編集をする目的ならMacBookを購入する方がいいです。

MacBookの方にはFinal Cut Pro XやDaVinci Resolveなどプロが扱う動画編集ソフトを利用することができます。

現状、iPadでも動画編集できるアプリは多数ありますが、細かく正確な明るさや色の調整をしたり、オーディオを調整するような機能を持つアプリは少ないです。

SNSやYouTube以上に映像作品を作るならMacBookがおすすめ。

iPadのスペック比較

現状販売されてるiPadのスペックの比較になります。動画編集で使うなら気になる部分を記載していきます。

モデルiPad Pro 12.9
2021年モデル
iPad Pro 11
2021年モデル
iPad Air
(第5世代)
iPad mini
(第6世代)
iPad
(第9世代)
カラーシルバー/スペースグレイシルバー/スペースグレイスペースグレイ/スターライト/ピンク/パープル/ブルースペースグレイ/スターライト/ピンク/パープルシルバー/スペースグレイ
ストレージ128GB/256GB/512GB
/1TB/2TB
128GB/256GB/512GB
/1TB/2TB
64GB/256GB64GB/256GB64GB/256GB
サイズ280.6mm × 214.9mm × 6.4mm247.6mm × 178.5mm × 5.9mm247.6mm × 178.5mm × 6.1mm195.4mm × 134.8mm × 6.3mm247.6mm × 178.5mm × 6.1mm
重さWi-Fiモデル:682g
Wi-Fiモデル+Cellular:685g
Wi-Fiモデル:466g
Wi-Fiモデル+Cellular:470g
Wi-Fiモデル:461g
Wi-Fiモデル+Cellular:462g
Wi-Fiモデル:293g
Wi-Fiモデル+Cellular:297g
Wi-Fiモデル:682g
Wi-Fiモデル+Cellular:685g
ディスプレイ12.9インチ
Liquid Retinaディスプレイ
ミニLEDバックライト
11インチ
Liquid Retinaディスプレイ
10.9インチ
Liquid Retinaディスプレイ
8.3インチ
Liquid Retinaディスプレイ
10.2インチ
Retinaディスプレイ
ディスプレイコーティング耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
耐指紋性撥油コーティング
解像度2,732 x 2,048
264ppi
2,388 x 1,668
264ppi
2,360 x 1,640
264ppi
2,266 x 1,488
326ppi
2,160 x 1,620
264ppi
チップM1M1M1A15A13
カメラ12MP広角
10MP超広角
12MP広角
10MP超広角
12MP12MP8MP
スピーカー4スピーカーオーディオ4スピーカーオーディオステレオスピーカーステレオスピーカーステレオスピーカー
マイク5つのスタジオ品質マイク5つのスタジオ品質マイクデュアルマイクデュアルマイクデュアルマイク
生体認証Face IDFace IDTouch IDTouch IDTouch ID
ポートUSB-Cポート
Thunderbolt
USB-Cポート
Thunderbolt
USB-CポートUSB-Cポートライトニングポート
Apple PencilApple Pencil 第2世代Apple Pencil 第2世代Apple Pencil 第2世代Apple Pencil 第2世代Apple Pencil 第1世代
対応キーボードMagic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Smart Keyboard
価格159,800円(税込)〜117,800円(税込)〜84,800円(税込)〜72,800円(税込)〜49,800円(税込)〜

動画編集で使うなら確認したい部分

動画編集で使うiPadを選ぶ際に確認したいことは以下の通りになります。

動画編集目的で確認したい項目
  • ストレージ
  • ディスプレイ
  • ポート

ストレージ

動画編集を目的にしてるなら、ストレージは大きい方が便利です。

動画素材を入れたり編集作業をするとストレージを圧迫していきます。

例えば、4Kの動画素材を複数扱う場合には数十GBのストレージを使います。

外部ストレージを接続して動画の管理をすることができますが、現状販売されてるモデルの64GBではストレージに不安があります。

ディスプレイ

ディスプレイは動画の明るさや色の調整をする時には重要な項目です。

iPad Pro 12.9インチはミニLEDで綺麗な画面で動画編集をすることができます。

ですが、動画を視聴する側がミニLEDのディスプレイで試聴してない場合は見え方がすこしかわるかもしれません。

多くの方が動画視聴で利用してるiPhoneやiPadのディスプレイと同じディスプレイで動画編集すると動画の明るさや色味は正確に伝えることができます。

ポート

カメラで撮影した動画素材をiPadに取り込む際にはポートがUSB-Cであると快適に動画の転送作業ができます。

また、USB-Cで接続できる外部マイクで録音ができたり、外部ストレージを接続して動画素材の管理もできます。

現状販売されてるiPadのほとんどはUSB-Cに対応してます。

iPadで動画編集をするおすすめのモデル

動画編集をするならiPad Air 256GBがおすすめです。

現状販売されてるiPad Proは他のモデルとは違いマイクも良くなってますが、外部マイクを使用することを考えると同じM1チップが搭載されてるiPad Airも十分です。

iPad Proではストレージによってメモリが変わりますが、動画編集においては現状大きな違いはないように思います。

ちょうどバランスのいいiPad Airです。

iPadで動画編集におすすめの編集アプリ

iPadで動画編集におすすめな編集アプリは以下の通り。

動画編集アプリ
  • iMovie
  • LumaFusion
  • Capcut

iMovie

iMovieはiPadに最初からインストールされてる動画編集アプリになります。

無料で使える動画編集アプリで初めて動画編集をするという方でも始めやすいアプリです。

LumaFusion

iPadで動画編集をするなら1番おすすめなのがLumaFusionになります。

有料のアプリになりますが、iPadでの1番定番の動画編集アプリで高度な動画編集をすることができます。

バランスのいい動画編集アプリです。

Capcut

Capcutは無料で使えてTikTokで有名なバイトダンスからの動画編集アプリになります。

SNSに投稿する縦向きの動画を編集するならおすすめな編集アプリです。

動画編集するなら用意したいおすすめアクセサリー

iPadで動画編集するなら用意したいおすすめアクセサリーは以下の通りです。

おすすめアクセサリー
  • Apple Pencil
  • 外部マイク
  • 外部ストレージ
  • スタンド

Apple Pencil

Apple Pencilがあるとアイコンのタップがしやすいことがあります。

動画編集をする時には指でタップするよりも快適に操作ができます。

外部マイク

動画編集でナレーションを録音する時には外部マイクを接続するとクリアな音で録音することができます。

USB-Cで接続できる外部マイクなら繋ぐだけで使い始めることができます。

外部ストレージ

外部ストレージがあると動画素材のバックアップや作った動画を残しておく時に便利です。

また、LumaFusionを使う場合は外部ストレージの動画素材をiPadに取り込むことなく外部ストレージ内で動画編集をすることができます。

スタンド

動画編集の作業は長時間になる場合が多く、iPadを見やすい角度で正しい姿勢を維持しながら動画編集作業ができると作業がしやすいです。

iPadで作業をする際にはスタンドがあると便利です。

iPadで動画編集する まとめ

iPadは動画編集をするにも十分なスペックがあり、動画編集アプリも毎年進化してできることがふえたり使いやすくなってます。

どのような動画を作りたいかとか作業環境によって合うiPadやアプリの選択よく、タッチ操作が好きなことやモバイルで動画編集を考えてる方ならiPadでの動画編集は楽しめるかと思います。

動画編集もiPadのできることの一つになったのは良く、今後も楽しみなところです。

この記事を書いた人
satoshi

iPadが好き。satoshiです。
Apple製品、主にiPadやアプリの情報を発信しています。

2010年の初代iPadから使っています

現在、iPad Pro 2021 12.9インチをメイン機で使用。
iPad Proで動画編集やイラスト制作、ブログ(WordPress)更新、音楽制作をしてます。
具体的な使い方などYoutubeで動画投稿してます。

satoshiをフォローする
App Store & iTunesカードをお得に購入

アプリ購入するなら
楽天のApp Store & iTunes 認定店で
iTuneカードを購入することができます。

使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
satoshiとiPad Pro

コメント

タイトルとURLをコピーしました