PR

iPadでイラストを描くならどのモデルがおすすめか確認項目やスペック比較を紹介

iPadの使い方
記事内に広告が含まれています。

iPadのモデルは多数販売されておりどのモデルがイラストを描くのに最適か悩む部分があるかと思います。

本記事では、iPadで絵やイラストを描くならどのモデルのiPadがいいか確認項目とともに紹介します。

また、イラストアプリやイラストを描く時にあると便利なアクセサリーも記載していきます。

この記事からわかること
  • iPadでイラストを描くなら画面サイズは大きい方が作業がしやすいです
  • イラストを描くならiPadのメモリも確認しておくといい項目です
  • イラストにおすすめのモデルと使いやすいアクセサリーを紹介
スポンサーリンク

iPadでイラストを描く場合に確認したいこと

iPadでイラストを描く

現状販売されてるiPadはどのモデルでもイラストを描くことができます。

ですが、iPadのモデルによって違いが出てくることがあり確認したい項目は以下の通りになります。

iPadでイラストを描くなら確認したいこと
  • 本格的に使うか趣味で使うか
  • 画面サイズ
  • ディスプレイ
  • メモリ
  • Apple Pencilのポイント機能(ホバー機能)

本格的に使うか趣味で使うか

本格的に使うか趣味で使うかでおすすめのモデルが変わります。

iPad Proではスペックも高く趣味でイラストを描くなら持て余してしまう可能性があります。

画面サイズ

iPadでイラストを描くなら画面サイズは大きければ大きい方が描く作業がしやすくなります。

iPadの画面サイズですが、iPadの最大の画面サイズは12.9インチで1番小さいもので8.3インチになります。

モデルサイズ
iPad Pro12.9インチ
11インチ
iPad Air10.9インチ
iPad(第10世代)
iPad(第9世代)
10.9インチ
10.2インチ
iPad mini8.3インチ
2022年販売中のモデル

画面サイズは大きい方がイラストは描きやすいです。

ディスプレイ

iPadでイラストを描くならディスプレイはフルラミネーションディスプレイがいいです。

フルラミネーションディスプレイはガラスと液晶ディスプレイとの隙間がなく、Apple Pencilを画面に載せた時にペン先と表示される線の間がなくなります。

iPadのフルラミネーションディスプレイ

フルラミネーションディスプレイではないiPadではApple Pencilのペン先と画面の線に少し間が開きます。

視覚的にも直接ディスプレイ上に描いてる感じがあります。

ほとんどのiPadはフルラミネーションディスプレイで無印のiPad(第9世代・第10世代)以外はフルラミネーションディスプレイです。

メモリ

iPadはモデルによってメモリに違いがあります。

メモリによって扱うことができる最大のレイヤー数が変わってくるので確認したい項目になります。(イラストアプリのProcreateで最大のレイヤー数が変わってきます)

イラストを描くなら扱える最大のレイヤー数は多い方がいいです。

モデルサイズ
iPad Pro128GB/256GB/512GB:8GB
1TB/2TB:16GB
iPad Air8GB
iPad3GB
iPad mini4GB
2022年販売中のモデル

最大レイヤー数の違いについては以下の記事で詳細に記載してます。

Apple Pencilのポイント機能(ホバー機能)

M2チップ搭載のiPad ProからApple Pencilのポイント機能(ホバー機能)が追加されてます。

画面上にApple Pencilを持って行きペンシルを浮かせた状態で画面にブラシのアイコンの表示をすることができます。

これによりタッチする前にブラシのサイズや描き始めの位置を確認することができます。

イラストを描くならあると使いやすくなる機能です。

iPadでイラストを描くなら以上の項目はiPadの購入前に確認しておきたい項目です。

現在、販売中のiPadのモデルのスペック比較

iPadのモデル

現状販売中のiPadはiPad Pro、iPadAir、iPad mini、iPadのスペックは以下の通りになります。

モデルiPad Pro 12.9
2022年モデル
iPad Pro 11
2022年モデル
iPad Air
(第5世代)
iPad mini
(第6世代)
iPad
(第10世代)
iPad
(第9世代)
カラーシルバー/スペースグレイシルバー/スペースグレイスペースグレイ/スターライト/ピンク/パープル/ブルースペースグレイ/スターライト/ピンク/パープルシルバー/イエロー/ピンク/ブルーシルバー/スペースグレイ
ストレージ128GB/256GB/512GB
/1TB/2TB
128GB/256GB/512GB
/1TB/2TB
64GB/256GB64GB/256GB64GB/256GB64GB/256GB
サイズ280.6mm × 214.9mm × 6.4mm247.6mm × 178.5mm × 5.9mm247.6mm × 178.5mm × 6.1mm195.4mm × 134.8mm × 6.3mm248.6mm × 179.5mm × 7mm247.6mm × 178.5mm × 6.1mm
重さWi-Fiモデル:682g
Wi-Fiモデル+Cellular:685g
Wi-Fiモデル:466g
Wi-Fiモデル+Cellular:470g
Wi-Fiモデル:461g
Wi-Fiモデル+Cellular:462g
Wi-Fiモデル:293g
Wi-Fiモデル+Cellular:297g
Wi-Fiモデル:477g
Wi-Fiモデル+Cellular:481g
Wi-Fiモデル:682g
Wi-Fiモデル+Cellular:685g
ディスプレイ12.9インチ
Liquid Retinaディスプレイ
ミニLEDバックライト
Apple Pencilによるポイント
11インチ
Liquid Retinaディスプレイ
Apple Pencilによるポイント
10.9インチ
Liquid Retinaディスプレイ
8.3インチ
Liquid Retinaディスプレイ
10.9インチ
Liquid Retinaディスプレイ
10.2インチ
Retinaディスプレイ
ディスプレイコーティング耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
耐指紋性撥油コーティング
耐指紋性撥油コーティング
解像度2,732 x 2,048
264ppi
2,388 x 1,668
264ppi
2,360 x 1,640
264ppi
2,266 x 1,488
326ppi
2,360 x 1,640
264ppi
2,160 x 1,620
264ppi
チップM2M2M1A15A14A13
カメラ12MP広角
10MP超広角
12MP広角
10MP超広角
12MP12MP12MP8MP
スピーカー4スピーカーオーディオ4スピーカーオーディオステレオスピーカーステレオスピーカーステレオスピーカーステレオスピーカー
マイク5つのスタジオ品質マイク5つのスタジオ品質マイクデュアルマイクデュアルマイクデュアルマイクデュアルマイク
生体認証Face IDFace IDTouch IDTouch IDTouch IDTouch ID
ポートUSB-Cポート
Thunderbolt
USB-Cポート
Thunderbolt
USB-CポートUSB-CポートUSB-Cポートライトニングポート
Apple PencilApple Pencil 第2世代Apple Pencil 第2世代Apple Pencil 第2世代Apple Pencil 第2世代Apple Pencil 第1世代Apple Pencil 第1世代
対応キーボードMagic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Magic Keyboard FolioSmart Keyboard
価格172,800円(税込)〜124,800円(税込)〜92,800円(税込)〜78,800円(税込)〜68,800円(税込)〜49,800円(税込)〜
2023年1月現在に販売中のモデルです。

iPadでイラストを描くおすすめなモデル

iPad

iPadでイラストを描くならどのiPadでも描くことができますが、これからイラストを始める方やがっつりとイラストを描く作業をしたいという方によっておすすめのiPadのモデルが変わってきます。

おすすめのiPadは以下の通り。

iPadでイラスト作業におすすめモデル

趣味でイラストを描く

趣味でイラストを描くならM1チップ搭載のiPad AirやM2チップのiPad Proの512GBまでストレージのメモリ8GBのモデルがおすすめです。

画面サイズは10.9インチや11インチ、12.9インチでイラストを描くなら十分なスペースがあります。

また、メモリ8GBでもキャンバスサイズによっては最大のレイヤー数もたくさんあります(イラストアプリのProcreateでの最大のレイヤー数が増えます。)

iPad 10.2インチは値段も安くこのiPadでもいいですが、Apple Pencil 第1世代に対応やフルラミネーションディスプレイではないこと、そしてメモリが少ないことが気になる点としてあります。

個人的にはM2チップのiPad Proはおすすめ

どちらでもいいですが個人的にはM2チップのiPad Proがいいです。

iPad AirとM2チップ搭載のiPad Proでの違いとしてはM2チップ搭載のiPad Proは『Apple Pencilのポイント(ホバーの機能)』があります。

このホバーの機能ですが、使い始めるとなくてはならない機能でブラシサイズや描きはじめの位置やカラーが画面にタッチする前に確認をすることができます。

趣味以上でがっつりイラストを描く

イラストをがっつりと描くならおすすめのiPadのモデルはiPad Pro 12.9インチの1TB以上がおすすめです。

iPad Pro 12.9インチは現状販売されてるiPadの中でも最大の画面サイズでストレージが1TB以上でメモリも16GBです。

16GBのメモリでたくさんのレイヤーを扱うことができるのは魅力的なところです。

またApple Pencilのポイント機能があるのでイラストの作業がしやすいです。

iPadでイラストを描く時に便利なアクセサリー

イラストを描くアクセサリー

iPadでイラストを描く時にはiPadと合わせて購入したいアクセサリーがあります。以下の通りになります。

アクセサリー
  • Apple Pencil
  • ペーパーライクフィルム
  • グリップ
  • 2本指グローブ
  • スタンド

Apple Pencil

Apple Pencil

イラストを描くならApple Pencilは必須です。

Apple Pencil以外にもサードパーティー製のスライラスペンは格安のものが多数販売されてます。

このペンシルに関しては、値段は高いですがApple Pencilがおすすめです。

日々の使い勝手が大きく変わってきます。

Apple(アップル)
¥19,077 (2024/04/20 10:47時点 | Amazon調べ)

ペーパーライクフィルム

ペーパーライクフィルム

iPadの画面上の描き心地を紙のようにするペーパーライクフィルムがあると便利です。

紙の上に描いているような感覚でイラストを描くことができます。

ペーパーライクフィルムはiPadに直接貼り付けるフィルムと着脱式のフィルムがあります。

ペーパーライクフィルムを貼るとアンチグレアフィルムのように画面のクリアさが少し落ちます。

なので、イラストを描く時に取り付けて使わない時には外せる着脱式のフィルムが便利です。

グリップ

Apple Pencilのグリップ

Apple Pencilにスリーブやグリップをつけることで握りやすくなります。

Apple Pencilは少し細いので多少の厚みがある方が持ちやすく使いやすいです。

Apple Pencilにスリーブやグリップをつける際は、iPad本体のケースで充電部分を覆うようなケースをつけてる場合には充電ができないことがあるので注意してください。

2本指グローブ

2本指グローブ

イラストを描く時には2本指グローブを使うと線を引く時にも画面と手のひらの抵抗がなく画面の上で手をスムーズに動かすことができます。

比較的値段も安く2本指グローブがあると快適にイラストの作業ができます。

スタンド

スタンドがあるとiPadを見やすい角度に調整することができて楽な目線や楽な姿勢で作業しやすくなります。

スタンドはiPadを平置きにして使えるスタンドがおすすめです。

iPadのイラストアプリ

イラストアプリ

iPadで使えるイラストアプリは以下のものがあります。

イラストアプリ
  • Procreate
  • アイビスペイントX
  • メディバンペイント

どのアプリでも快適にイラストの作業をすることができます。

なかでもProcreateはアプリのアワードを受賞してることや利用してるユーザーも多く使い方やブラシの情報も多数あるので初めてでも利用がしやすいです。

iPadで絵・イラストを描く まとめ

iPadはApple Pencilとイラストアプリで簡単にイラストを描くことができます。

iPad自体のスペックは年々上がってどのモデルでもイラストを描く作業は快適にすることができます。

イラスト用途でiPadを購入する際には事前に確認したい項目をチェックしてから好みのモデルを選ぶのがいいです。

またアクセサリーとあわせて購入することで快適にイラスト作業を始めることができます。

iPadをノート代わりに勉強や仕事する!おすすめモデルを比較!
iPadをノートとして使う!勉強や仕事で使う際におすすめなモデルとスペックを比較して紹介、そして使いやすいおすすめのノートアプリや便利なアクセサリーについて記載してます。
iPadで動画見るだけならおすすめのモデルはどれか!購入の確認項目や比較
iPadで動画やYouTube(ユーチューブ)を見るだけで購入するならどのモデルがいいか検討項目を上げて比較、おすすめモデルを紹介。また動画配信サービスのおすすめアプリも紹介してます。
iPadで動画編集するおすすめモデル!編集アプリやスペック比較
iPadで動画編集の作業をするならどのiPadのモデルがいいのか、動画編集をするにあたっての事前に確認したい項目や現状販売されてるモデルのスペックの比較をしてます。
失敗しないiPad選び基本ガイド:自分にあったモデルを見つける方法
iPadを選ぶ際の基本的な考え方と自分にあったモデルを選ぶためのポイントを紹介。iPadの各モデルや画面サイズやストレージ、Wi-Fiモデルとセルラーモデルの違いなど、iPadを選ぶ上で重要なポイントを詳しく解説。iPadの選び方に迷っている方にとって有用な情報が詰まった記事となっています。

コメント