YouTubeでiPadやアプリの使い方に関する動画を更新してます、こちらからどうぞ

LumaFusionのトランジションの使い方と種類について紹介

LumaFusion講座

動画と動画の間を滑らかに切り替えるトランジションがあります。

トランジションの機能を使うことで動画の切り替わりを印象的に見せることができます。

LumaFusionではこのトランジションの機能や種類があります。

本記事ではLumaFusionで使えるトランジションについて紹介してきます。

スポンサーリンク
YouTubeで動画更新中

YouTubeでiPadの便利なアプリや使い方、Apple製品のレビューなどを紹介しています。

私のチャンネルはこちらからご覧ください。

LumaFusionのトランジションの使い方

LumaFusionでトランジションをつける操作

LumaFusionのトランジションは編集画面の下にある+に○のアイコンからトランジションを設定することができます。

使い方としては、動画クリップの間にタイムラインのバーを移動させてトランジションをタップすると動画クリップの間にトランジションが挿入されます。

また、動画クリップの最初にタイムラインのバーを移動させてトランジションを追加することもできます。

トランジションをつけるちょっとしたコツ

LumaFusionでトランジションをつける操作

タイムラインのバーをクリップの間や最初に持っていきトランジションを挿入していきます。

そのときにプレビュー下にある再生のアイコンの隣にあるアイコンをタップするとクリップの最初へタイムラインのバーを移動させることができます。

タイムラインのバーをApple Pencilで掴んで移動させるよりも正確にクリップの最初や最後へタイムラインのバーを移動できます。

トランジションの種類

LumaFusionでトランジションの種類

LumaFusionのトランジションですが様々な種類があります。

デフォルトではクロスディゾルブのトランジションになりますが他にも、「ズームブラー」「SHRINK」などの種類があります。

トランジションを変更する場合は、タイムラインにあるトランジションを選択してから編集画面の下にある四角に星のアイコンをタップします。

31個のトランジションが表示されて選択することでトランジションの変更ができます。

トランジションの長さ設定

トランジションの長さですが、トランジションのクリップを選択して時間の長さの変更が可能です。

また、クリップのデフォルトの設定でトランジションの長さを最初に設定しておくこともできます。

LumaFusionの編集画面下にある歯車のアイコンから設定を開いて、設定のクリップデフォルトの下にトランジションの長さを設定する項目があります。

ここを設定でトランジションのデフォルトの設定になります。

LumaFusionのトランジションの動画

最後に

LumaFusionではトランジションの追加も簡単で種類も豊富にあります。

動画の移り変わりや動画の最初にトランジションをつけて滑らかに動画を始めることもできます。

映像を少し見やすくなるので是非試してみてください。

この記事を書いた人
satoshi

iPadが好き。satoshiです。
Apple製品、主にiPadやアプリの情報を発信しています。

2010年の初代iPadから使っています

現在、iPad Pro 2021 12.9インチをメイン機で使用。
iPad Proで動画編集やイラスト制作、ブログ(WordPress)更新、音楽制作をしてます。
具体的な使い方などYoutubeで動画投稿してます。

satoshiをフォローする
App Store & iTunesカードをお得に購入

アプリ購入するなら
楽天のApp Store & iTunes 認定店で
iTuneカードを購入することができます。

LumaFusion講座
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
satoshiとiPad Pro

コメント

タイトルとURLをコピーしました